婚約指輪の歴史と相場

婚約指輪の歴史と相場には

婚約指輪の歴史、相場とは

婚約指輪は、その名の通り、結婚の約束をした証として男性から女性に贈られる指輪です。その歴史は古い時代である紀元前2世紀のローマより始まり、中世には主にダイヤモンドをはじめとする宝石付き指輪となって、日本には明治時代にこの習慣が伝わったと言われています。婚約指輪と言えば「給料3ヵ月分」が相場である、と言われていましたが、現在の日本では平均して約33.3万円となっています。定番であるダイヤモンドには「永遠の輝き」という意味が込められています。

↑PAGE TOP